WordPressのテーマSWELLをレビュー!初心者にこそおすすめ

WordPressのテーマSWELLのレビュー
 

最近SWELLってよく聞くけどほかの有名テーマと比べてどう?

ぴっぴ

SWELL最高!!今から買うならSWELLで間違いないよ

ワードプレスのテーマ選びって失敗したくないですよね。
テーマの移行は大変と聞くし、有料テーマは安くはないから何個も買いたくない。

そんなあなたに向けて、SWELLに決めた理由や実際のユーザーからSWELLが愛される理由をご紹介しますね。
当サイトからの購入者限定特典も用意しましたので、最後まで読んでいただけたら嬉しいです。
SWELL規約変更のため特典は終了しました

SWELLはこんな人におすすめ
  • ワードプレスの初心者
  • 記事の装飾に時間をかけたくない
  • デザインが良いブログをカンタンに作りたい

\記事を書くのが好きになるテーマ/

もくじ

WordPressの有料テーマを『SWELL』に決めた理由5つ

初めてのWordPressのテーマで迷っていた私が、検討段階でSWELLにする決め手となった理由を5つお伝えします。

1.ブロックエディタ(Gutenberg)に完全対応

SWELLはWordPress5.0から新しく追加されたブロックエディタ(Gutenberg)に完全対応してます。

以前から使われていた「クラシックエディタ」のサポートは2022年に終了することが決まっています。

SWELL以外の有名なテーマはこの「クラシックエディタ」を使って書くことを前提としているものがほとんど。

【 SANGO 】のブロックエディタ対応状況

プラグインの追加で対応

  • 吹き出し
  • マーカー線
  • ステップ
  • アコーディオン
  • 見出し
  • 見出し付きブロック
【AFFINGER】のブロックエディタ対応状況

プラグインの追加で対応

  • ふきだし
  • マイボックス
  • 見出し付きボックス
  • メモ
  • バナー風
  • カスタムボタン
【 JIN 】のブロックエディタ対応状況
  • 吹き出し
  • ボックス
  • マーカー
  • 見出し
  • アイコンボックス
  • ボタン
【 THE THOR 】のブロックエディタ対応状況

なし

SWELLと比べてしまうとかなり少ないです。

これからブログをはじめよう、もしくは長く続けようと思っていたら、サポート終了が決まっているものをメインで使っていくメリットは少ないですよね。

2.記事の装飾が楽そう

ブロックエディタに対応しているおかげでSWELLでは自分で装飾のCSSを用意する必要もなく、ビジュアルで直観的に選択するだけで装飾できるというところに惹かれました。

ぴっぴ

他テーマで簡単とうたっている「ショートコード」を使った装飾が全然簡単に思えなかったんです

『CSSで装飾を入れたらショートコードから呼び出せるんです!』って、それHTMLにコード書くのと手間がほとんど変わらないのでは…?

3.デザイナー目線で見てもデザイン性がすごく高い

WEBやソーシャルゲームのデザインを16年やっている私から見ても、SWELLのデザインの良さが抜きんでていました!

ほかの有名テーマでデザインが良いと思ったものは【THE THOR(ザ・トール)】 くらい。

4.表示速度が速い

スマホで調べものをしていて、ページの表示が遅くて開くのを途中でやめてしまった経験ってありませんか?

 

よくあるなぁ

自分でもそうしてしまうので表示が遅いのだけは避けたかったんです。
SEO的にもマイナスです。

実際の口コミを見てもSWELLはほかテーマに比べて速そうなことがわかりました。

5.ユーザーに愛されている

SWELLを使っている周りの知人たちは口をそろえてSWELLが好きだと言っています。
ユーザーに愛されるって結構すごいことじゃないですか?

SWELLのメリット

SWELLのメリット
  • ブロックエディタ対応で装飾がカンタン
  • デザインやHTMLの知識がなくても良いデザインが作れる
  • プラグインがなくてもできる機能が多い
  • 表示速度が速い
  • アップデート頻度が高い・バージョンアップが永久無料

ブロックエディタ対応で装飾がカンタン

SWELLのブロックエディタの使い勝手がすばらしいです!直観的で迷うことがありません。
ぜひ下の動画を見てみてください。

ブロックエディタ非対応だと、装飾をするためにプルダウンリストから選んだりショートコードを打ち込む必要があるんですよね。
1つ1つは少しの手間でも、たくさん装飾していくと大きな時間の差になります。

デザインやHTMLの知識がなくても良いデザインが作れる

トップページやブログ全体のカスタマイズ性も神レベルです。
企業サイトやポートフォリオサイトとしても使用できるくらい見た目のカスタマイズが可能。

SWELLならHTMLやCSSのコードを勉強しなくても、どんな人でも簡単におしゃれなブログやサイトを作れます

SWELLよりもカスタマイズできる箇所が多いテーマはほかにもありますが、多すぎる設定箇所は混乱しがちで、調べる時間を奪っていきます。

そのカスタマイズ、本当に必要ですか?
デザインの知識がないままカスタマイズを行うと統一感のないデザインになってしまい、逆に読みづらくなる原因に。

その点SWELLは必要な個所のみ調整ができるので、全体のバランスや読みやすさが損なわれません。

プラグインがなくてもできる機能が多い

ブログのトップページでよく見るこんなこともできます。

記事スライダーやピックアップバナー

SWELLのスライダー機能

ヘッダー背景やアイキャッチに動画を表示

SWELL公式のトップページで使われているような動画の背景やYoutube動画をアイキャッチ設定も可能。

下記のような「記事が読みやすくなる装飾や機能」もプラグインなしで使用できます。

目次

SWELLの目次(一部カスタマイズ済み)

特別な設定は必要なく、h2とh3を自動的に目次として表示してくれます。

ふきだし

ぴっぴ

これもボタンで選択するだけ

ステップ

STEP
最初にこれをします

手順を説明するのにぴったりなブロック

STEP
次にこれをします

この装飾を自分で用意するのは大変!

ブログカード

このような「枠に囲まれて画像とタイトルや説明文の記載があるリンク」のことです。
記事の検索をして選択するだけでこれが表示できます。

キャプションつきの枠

見出しです

このような見出し付きブロックです。
デザインも6種類×3色から選べるんですよ。

マーカー線

4色のマーカー線も簡単に引くことができますボーダー自体のデザインも設定できます

ほかにもクリックだけでできる装飾がいろいろありますよ!

表示速度が速い

プラグインは入れるほどサイト表示が重くなってしまうので、必要なプラグインが少ないのはすごく良いですよね。
キャッシュや遅延読み込みなどの高速化機能もテーマに内蔵されています。

有名テーマのデモサイトの記事をGoogleの「PageSpeed Insights」で、モバイル表示速度を測ってみました。

▼SWELL

【SWELL専用】Gutenberg用オリジナルブロックの一覧

▼AFFINGER

WING(AFFINGER5)の特徴

▼JIN

JINはデザインインポートに対応!自分好みのデザインに「着せ替え」できる

▼SANGO

SANGOのショートコードでできること

▼THE THOR

SEOで評価を得ているページや収益を上げているページを分析できる!キーワード出現数や文字数の差を投稿一覧で確認可能

▼Cocoon

COCOON記事のモバイル表示のサイトスピードは28
Cocoonレイアウト見本

調べた各テーマ記事の中ではSWELLが最速でした!

※記事内容やサーバ環境にバラつきがあるので参考値です。
※アドセンスなどを足すと実際はもう少し遅くなります。

アップデート頻度が高い・バージョンアップが永久無料

製作者である了さんの意欲が高く、意見、要望を取り入れどんどん進化していっています。

そして今後どれだけSWELLがアップデートされても、無料で最新版に更新が可能です。
ここもSWELLを推す人が多いポイントですね。

SWELLのデメリット

ぴっぴ

SWELLのデメリットは特になし!

 

え?

ぴっぴ

うーん、あえて言うなら

個人が運営している

個人で開発・運営をしているので、今後の展開やサポートも了さん次第ということです。
ただ、企業運営であれば絶対に安心ということはありませんよね。

ぴっぴ

元所属していた大企業で「突然打ち切りになる案件」をいくつも見てきました

個人のほうが要望が届きやすく、小回りを利かせてもらえるというメリットもあります。

有料テーマの中でも安いほうではない

テーマ価格
SWELL17,600円
SANGO11,000円
JIN14,800円
AFFINGER14,800円
THE THOR14,800円

ほかのテーマと比較して安いかといえばそうでなないですが、数千円程度の差ならば記事を書くスピードをアップできることですぐに元が取れると思います。

SWELLでよくある疑問

複数のブログやサイトで使える?

利用に関する制限は一切なし!複数サイトで使えます。

使っている人が少ないと困ったとき解決できないのでは?

私も何度か「これはどうやるんだろう?」と悩んだことがあったのですが、公式サイトの解説記事でほとんど解決しました。
購入者限定のフォーラムやSlackコミュニティもあります。

テーマの移行は大変?

もともと使っているのが下記テーマであれば、SWELL移行用のプラグインがありますよ。

  • JIN
  • SANGO
  • STORK
  • Cocoon
  • THE THOR

このQ&Aブロックの装飾もSWELLの機能に含まれています!

まとめ

今後を見通したら、有料テーマはSWELLで間違いないです。

SWELLのメリット
  • 表示速度が速い
  • ブロックエディタ対応で装飾がカンタン
  • プラグインがなくてもできる機能が多い
  • デザインやHTMLの知識がなくても良いデザインが作れる
  • アップデート頻度が高い・バージョンアップが永久無料
ぴっぴ

迷っているならすぐ買って損なしです!

\ユーザーから愛される最高のテーマ/

おすすめのレンタルサーバ

当サイトのサーバば「ColorfulBox 」を利用しています。

  • LiteSpeedサーバで、WordPressの表示が早い
  • WordPressのインストールもボタン1つで完了!
  • クラウド型サーバーで安定性が高く、アクセス数に応じて柔軟にプラン変更可能
  • 地域別自動バックアップで災害リスクに強い
  • 初期費用0円、月額528円からという安さ
  • サイト数の制限もなく、アダルトにも対応しています
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ
閉じる